想うこと多々あり。それを形に創造し、奏す。


by barnaf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:ジュエリー ( 5 ) タグの人気記事

作品集 Jewerly in Barcelona

昨年12月の個展に合わせ、作品の写真集を作ってみました。

Webでも公開しています。

「Jewerly in Barcelona」

バルセロナで制作した作品で、
日本に帰国後、写真家、塩澤秀樹氏に、撮影していただきました。
[PR]
by barnaf | 2011-01-14 16:31 | 日本のこと
e0098268_649647.jpg


中島史子展「望」のご案内


会 期:2010年12月4日(土)- 12月26日(日)

プラザ・ギャラリー
〒182-0002
東京都調布市仙川町1-24-1
電話:03-3300-1010
FAX:03-3305-7491


今回の個展では、モノタイプを中心に、40点くらい持参する予定です。

「望」というタイトルを掲げ、日本独自の素材で新規性のあるジュエリーから発し、それを2次元の版画にと、立体と平面を「望」むことで、時と空間の洞察をしてみたい・・・などと文字にできない部分を見て感じて楽しんでいただけたら幸いです。
[PR]
by barnaf | 2010-12-19 06:58 | 展覧会など
それにしても、タイムリーなブログが全く書けず、報告のようなものになって申し訳ないのですが、今回の展覧会は会期が長いので、ゆっくりいろいろなことができます。
こちらの画廊の方針で、「一週間や二週間では短いでしょ。」ということで、会期は1ヶ月。作家としては本当に嬉しい限りです。試行錯誤を繰り返すことができますし、新しいジュエリーも作って並べていく予定です。できたらオブジェも飾りたいとも思っているのですが・・・。

元々、身を飾るジュエリーというより、小さな彫刻、オブジェを作っている意識があるのですが、今回はそれがよりでているかもしれません。今回は多くの方に指摘されました。
このまま大きいサイズにしてオブジェにしたほうがいいのでは、という意見もいただきました。

1点ものが多いので、ゆっくり見ていただくと、こんなのもあったの、などといわれたりもしています。

展示も、オープニングの日とだいぶん変えました。一面ガラス張りで、外から見てくださる方も多いので。
e0098268_1758073.jpg


ちなみに奥に飾ったモノタイプの版画は、版の上にひもを置いて刷ったもので、ジュエリーを始める前に制作したもの。(写真では左)
先日、久々に発見し、(自分にとって)ジュエリーを始める暗示のような版画だと思い、吊るしてみたのでした。バルセロナのある画廊では、「自分は好きだよ」といって画廊に置いておいてくれたのでした。
[PR]
by barnaf | 2008-10-05 17:58 | 展覧会など
9月27日より10月26日まで、東京、仙川の「サジオ」において、中島史子ジュエリー展が開かれています。
e0098268_15185370.jpg


おかげさまで、「バルセロナ・ショック・コンサート」と同時に行われたオープニング・パーティには大勢の方々に集まっていただくことができました。

同時開催、大塩博美展「地球瓶の中で」 及び 仁木智之展 -A HUGE GLASSCASE SHOW-もとても素敵です。

(詳細はプラザ・ギャラリー

土曜日の2時から6時半までは会場におりますので、宜しければどうぞ遊びに来てください。



(写真は和紙とパールでできたリング)
[PR]
by barnaf | 2008-10-05 15:20 | 展覧会など
e0098268_12115614.jpg

昨年「スペインからウインク展」に参加してくれたアナ・プッチグロスさん(右写真中央)が、バルセロナ郊外にジュエリーショップ「ÀURICA」をオープンしました。おめでとうございます。

オープニングの店内風景の写真が届きました。みなの手にはもちろんお祝いに欠かせないカバが。

彼女とはジュエリーコースで一緒のクラスでした。私は彼女の創る「ハッとさせるデザイン」が好きでした。デザイン画やプロジェクトの授業など、四苦八苦しながらもケラケラ笑いながら一緒に勉強したことを思い出します。

その彼女も現在FAD(バルセロナ芸術装飾振興会)のジュエリーメーカーアソシエーションの副会長を勤め、ふたりの娘さんもいて大忙しですが、優しく理解ある御主人のヘルプもあって活躍しています。

右写真の男性カルロスもクラスメートでした。彼は銀行退職後、学校に入り、ジュエリーを始めました。午後に授業のある日は、彼と時々市場の中にあるバルにお昼を食べに行きました。目的はあんこうの尾のソテーなど。レストランで食べるよりずっとお得で新鮮でおいしかったのです。
彼の作品もこの店に並んでいます。

私がジュエリーコースに正規入学した年は、スペイン教育制度改正施行1年目であったため、試行錯誤の中だったのではと思います。高校卒業してすぐの18歳からカルロスのような人がいるクラスは、スペインの美術学校では割と普通でした。

e0098268_1240474.jpg

[PR]
by barnaf | 2008-04-29 12:07 | スペインでのこと