想うこと多々あり。それを形に創造し、奏す。


by barnaf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:円覚寺 ( 1 ) タグの人気記事

e0098268_18363890.jpg


「バルセロナ戻組」
日本に戻ったばかりの頃は、バルセロナの話をすることもできず寂しい思いをしていました。ところがその後次々とバルセロナ時代の仲間が戻ってきて、一時帰国の友人たちを交え、鎌倉あたりでワイワイ集まるようになりました。

せっかく逗子まで来たのだからと、訪れたのが葉山の山口蓬春美術館。自宅兼画室の邸宅で小高いところにあり、素敵なところでした。蒐集した古陶磁と、それを描いた絵という企画展はなかなか良かった。そこで見つけたのが、正三角形を六つ組み合わせて正六角形にしたちゃぶ台?人数や用途によって多様に使える優れもの。良いですね、このデザイン。わくわくしてしまう。匠の技ですね。

バルセロナで知り合った藤原吉志子さんの遺作展が鎌倉で開催されました。その際、北鎌倉にある桜満開の円覚寺に立ち寄りました。目的は、小津安二郎監督のお墓。昨夏スペインからの旅行者が、ここを訪ねてみたいと言っていたのを聞いてからずっと気になっていました。お墓を示す表示もなく探すのに一苦労。もう帰ろうかと思ったとき発見。墓石の正面には「無」の一文字。そしてこのお墓、立方体だったのです。サイコロ型のお墓。なんだか感激しました。正面からの写真ではわからなかった。「無」の文字にも実際に見てみないとわからない発見がありました。命日は3月30日。訪れたのが4月1日。お花が供えられていました。
[PR]
by barnaf | 2008-04-09 18:45 | 日本のこと