想うこと多々あり。それを形に創造し、奏す。


by barnaf
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大変ご無沙汰いたしました。
しばらくぶりでした。
6月27日土曜日から、昨年9月に続き、「バルセロナ・ショック2」-俯瞰とコントロール-中島史子展を開催します。今回は、新作の銅版画、バルセロナ時代の絵などをプラザ・ギャラリーに、ジュエリーはサジオに、と2室の展覧会です。暑い時期ではありますが、会期も2ヶ月、日本で絵の作品を皆様に見ていただける機会を得、たいへんうれしく感じています。

「バルセロナ・ショック2」-俯瞰とコントロール-中島史子展
2009年 6月27日(土)~ 8月30日(日)
10時~18時半 水曜休廊(8/12~16夏期休暇)
Plaza Gallery プラザ・ギャラリー http://www.plaza-gallery.com/
〒182-0002 東京都調布市仙川町 1-24-1 TEL03-3300-1010
作家在廊日
6月27、28、 7月4、11、20日、 8月土、日の午後2時より

なお、私のHPは現在更新が遅れてはいますが、アドレスは
http://members2.jcom.home.ne.jp/fumikona/
に変更になっています。
e0098268_1354677.jpg



ところで、昨年、バルセロナ・ショック・コンサートですばらしい演奏をしてくれた上野通明君は、6月24日、韓国で開催された第6回チャイコフスキー・ジュニア・コンクールで第一位を獲得しました!!
本当に本当におめでとうございます!!!!
[PR]
# by barnaf | 2009-06-26 01:36 | 展覧会など
大変ご無沙汰いたしました。
しばらくぶりでした。
6月27日土曜日から、昨年9月に続き、「バルセロナ・ショック2」-俯瞰とコントロール-中島史子展を開催します。今回は、新作の銅版画、バルセロナ時代の絵などをプラザ・ギャラリーに、ジュエリーはサジオに、と2室の展覧会です。暑い時期ではありますが、会期も2ヶ月、日本で絵の作品を皆様に見ていただける機会を得、たいへん光栄に感じています。

「バルセロナ・ショック2」-俯瞰とコントロール-中島史子展
2009年 6月27日(土)~ 8月30日(日)
10時~18時半 水曜休廊(8/12~16夏期休暇)
Plaza Gallery プラザ・ギャラリー http://www.plaza-gallery.com/
〒182-0002 東京都調布市仙川町 1-24-1 TEL03-3300-1010
作家在廊日
6月27、28、 7月4、11、20日、 8月土、日の午後2時より

なお、私のHPは現在更新が遅れてはいますが、アドレスは
http://members2.jcom.home.ne.jp/fumikona/です。
e0098268_1354677.jpg

[PR]
# by barnaf | 2009-06-26 01:36 | 展覧会など
それにしても、タイムリーなブログが全く書けず、報告のようなものになって申し訳ないのですが、今回の展覧会は会期が長いので、ゆっくりいろいろなことができます。
こちらの画廊の方針で、「一週間や二週間では短いでしょ。」ということで、会期は1ヶ月。作家としては本当に嬉しい限りです。試行錯誤を繰り返すことができますし、新しいジュエリーも作って並べていく予定です。できたらオブジェも飾りたいとも思っているのですが・・・。

元々、身を飾るジュエリーというより、小さな彫刻、オブジェを作っている意識があるのですが、今回はそれがよりでているかもしれません。今回は多くの方に指摘されました。
このまま大きいサイズにしてオブジェにしたほうがいいのでは、という意見もいただきました。

1点ものが多いので、ゆっくり見ていただくと、こんなのもあったの、などといわれたりもしています。

展示も、オープニングの日とだいぶん変えました。一面ガラス張りで、外から見てくださる方も多いので。
e0098268_1758073.jpg


ちなみに奥に飾ったモノタイプの版画は、版の上にひもを置いて刷ったもので、ジュエリーを始める前に制作したもの。(写真では左)
先日、久々に発見し、(自分にとって)ジュエリーを始める暗示のような版画だと思い、吊るしてみたのでした。バルセロナのある画廊では、「自分は好きだよ」といって画廊に置いておいてくれたのでした。
[PR]
# by barnaf | 2008-10-05 17:58 | 展覧会など
9月27日より10月26日まで、東京、仙川の「サジオ」において、中島史子ジュエリー展が開かれています。
e0098268_15185370.jpg


おかげさまで、「バルセロナ・ショック・コンサート」と同時に行われたオープニング・パーティには大勢の方々に集まっていただくことができました。

同時開催、大塩博美展「地球瓶の中で」 及び 仁木智之展 -A HUGE GLASSCASE SHOW-もとても素敵です。

(詳細はプラザ・ギャラリー

土曜日の2時から6時半までは会場におりますので、宜しければどうぞ遊びに来てください。



(写真は和紙とパールでできたリング)
[PR]
# by barnaf | 2008-10-05 15:20 | 展覧会など
去る9月28日、日曜日、仙川アヴェニューホールにて、「バルセロナ・ショック・コンサート」が行われました。立ち見がでるほどたくさんの方がいらっしゃいました。本当にどうもありがとうございました。
和やかな雰囲気の中、演奏が続き、アンコールにもう一度「鳥の歌」を弾いてくださったときには、ああ、このまま、もっとチェロの音色を聞いていたい、と願いました。
チェロ 上野通明氏 ・ ピアノ 上野惠子氏ののびやかで若々しい演奏は、観衆を魅了し、クラシック音楽をより身近にしたのではないかと思います。

プログラムを用意していたのですが、人数分は足りず、曲目を知りたい方もいらっしゃったと思いますので、ここに記しておきます。

カサド 無伴奏チェロ組曲より「インテル・メッツオ・イ・ダンサフィナル」
カタロニアを代表する作曲家ガスパール・カサドの作品。スペインの暗く情緒的名メロディーにギターを模したピツィカートが混ざる「間奏曲」が次第に「舞曲のフィナーレ」と移り、激しく終わります。

ファリャ 7つのスペイン民謡より「ナナ」
どこかアラビア風のメロディーなこの曲は、ファリャが幼年時代をすごしたアンダルシアからインスピレーションを受けて作曲した子守唄です。原作はピアノと歌の為の曲。

ファリャ 火祭りの踊り
「恋は魔術師」というバレエの中の舞曲。生きた人間にとり憑く死霊の恋の話の中で、ジプシーたちが火の力を借りて神々を呼び、悪霊を追い払うための踊りの曲です。

カタロニア民謡 鳥の歌
カタロニア地方の民謡。カタロニア出身のチェリスト、パウ・カザルスが国連で「鳥の歌がPeace, Peace(平和)と鳴いている」とこの曲を演奏したというエピソードが有名です。

ボッケリーニ チェロコンチェルト 第9番 第一楽章
ルイジ・ボッケリーニはイタリアのチェリスト兼作曲家。13曲ある協奏曲の中ではこの9番がもっともポピュラーです。グリュッツマッヒャーという人が編曲しました。

ショパン バラード 第1番
バラードとは、伝説などを基にした物語が劇的なクライマックスを持って終わる作品です。ショパンはこのバラードというものを始めて音楽にした作曲家です。

モンポウ カンシオン・イ・ダンサよりV、VI (「歌と踊り」)
スペイン、カタロニアの作曲家モンポウの「歌と踊り」は全14曲で、ほとんどが古い民謡を基にしたものですが、5番は、彼が夢の中で思いついたメロディー、6番は、カタロニア特有のメランコリーなメロディーに対照的なリズムでとても人気があります。

グラナドス アレグロ・デ・コンシエルト
この曲は、グラナドスがマドリード音楽院の試験曲のためのコンテストで賞を受賞した曲です。
リスト風な華やかさと途中からショパンを思わせるような目路ディックで穏やかな部分があり、地中海の明るさを思わせる大変美しい曲です。

仙川アヴェニューホールは、19年間、桐朋音大のコンサートホールとして使われていました。小ホールながら、音響もすばらしく、また今回はKAWAIのクリスタル・ピアノを舞台の中心に置いてという演出で、来場された皆様にはたいへん喜んでいただたコンサートになりました。

e0098268_158786.jpg

[PR]
# by barnaf | 2008-10-04 15:08 | 展覧会など
芸術の秋到来。


「バルセロナ・ショック」コンサートの日も近づいてきました。



「バルセロナ・ショック」コンサート


日時:2008年9月28日(日) 15:00-16:00 (開場30分前)

入場無料(定員150名。)


会場:仙川アヴェニュ-ホール 調布市仙川町1-25-2 仙川アヴェニュー北プラザ2F)


曲目:カタロニア民謡「鳥の歌」、グラナドス、モンポウの曲など


お問合せ: 03-3300-1010

http://www.plaza-gallery.com/ 
(地図などHPを参照してください。)

一度は必見の調布市仙川の通称「安藤ストリート」(建築家安藤忠雄氏の設計)にあるこのコンサートホールは、長年桐朋音大が使用、お墨付きの音響効果です。しかも今回入場無料!



ところで、このコンサートは、ジュエリー展と一緒に開催されます。
人種、性別、年齢を超え、音楽、美術とを隔てない感覚は、バルセロナで養われましたが、展覧会&コンサートという企画を、此処でできることとなりました。


バルセロナ滞在中に知り合った上野さんに、スペインの大地で呼吸し育った演奏家に
スペイン作曲家の音楽を弾いていただけたらとお願いし、幸いにも実現することとなりました。

ヨーロッパでは、「プチ・アマデウス」として3人の姉弟(ピアノ、バイオリン、チェロ)で活動され、
この度は、上野惠子(ピアノ)、上野通明(チェロ)両氏で演奏してくださいます。

バルセロナ滞在で感じ学んだことを表現できたらということで、
上野さんと共に、「バルセロナ・ショック」というタイトルをつけました。

地中海の風を受けて、音楽活動してきた演奏家の
生のスペイン・クラシック音楽を聴く絶好のチャンスをお見逃しなく、
日曜日の午後のひととき、スペインへの思いを馳せてください。

皆様、お誘い合わせの上、是非御来場ください。


上野惠子(ピアノ)
4才よりピアノを始める。2001年よりスペイン・バルセロナに在住。
2002年スペイン・ビジャ・フランカ 若手のためのピアノコンクール第1位、
2004年バルセロナ音楽学校ジュニアピアノコンクール第2位、サン・アナスタシ室内楽コンクール第1位、アルジャウカタロニア若い演奏家のためのコンクール室内楽部門第1位。
2004年帰国後、第9回ペトロフピアノコンクール 第3位入賞、
第1回ANP近・現代音楽コンクール優秀賞受賞。
窪田恭子、日置寿美子、菅野潤、アルベルト・ヒメネス、三上桂子各氏に師事。


上野通明(チェロ)
パラグアイに生まれる。5歳よりチェロを始め、スペイン滞在中、バルセロナ音楽学校・コルデスジュニアコンクール第2位。
サン・アナスタシ室内楽コンクール第1位、アルジャウ・ カタロニア若い演奏家の為のコンクール弦楽器部門第1位、
同室内楽部門第1位。アジアフェスティバルに参加、カタロニア音楽堂にてコンサートを開く。
2004年帰国後、第5回 泉の森ジュニアチェロコンクール銀賞(最高位)、
第15回 日本クラシック音楽コンクール第3位、第8回 日本演奏家コンクール第1位。
これまでに2007年、2008年、東京交響楽団とそれぞれラロ・チェロ協奏曲、ポッパー・ハンガリア狂詩曲を共演。
馬場省一、イニアキ・エチェパレ各氏、現在毛利伯郎氏に師事。


*同時開催

「バルセロナ・ショック」中島史子ジュエリー展

2008年9月27日(土)~10月26日(日)10:00~18:30 (水)休廊

サジオ 〒182-0002東京都調布市仙川町1-24-1

オープニング・パーティ 9月28日(日)16:30~(コンサート終了後)
[PR]
# by barnaf | 2008-09-08 01:29 | 日本のこと

フリー・チベット


e0098268_0431364.jpg

2008年8月8日は北京オリンピックの開会式でした。(載せるのが遅くて・・・すみません!)
ちょうどそのとき、長野善光寺前、信濃放送前広場で出会った風景です。
ろうそくのあかりでFREE TIBETの文字。文字の両脇にはチベットの子供たちが描いた絵を展示し、木の間にTシャツを吊るして販売していました。

e0098268_0521099.jpg


その日私は、仕事で長野市善光寺近くのホテルに宿泊し、夕食を仲間と共にしたあと、歩いていて偶然出会った風景でした。
街の中心地でも、東京に比べれば殆ど人が通らないに等しい広場で、
聖火リレー問題で物議を醸した善光寺の前で静かに静かに訴えていたのでした。
日本の報道はあまりにも国内のことのみに向きすぎているような気がします。
チベット問題については、西欧でのほうが敏感で関心が高く、ダダイラマはヨーロッパでは人気があります。

あれから一ヶ月、パラリンピックが始まりましたが、チベット問題はどうなのでしょうか。
[PR]
# by barnaf | 2008-09-08 01:02 | 日本のこと

作品展示について

前回の展示のことですが、バルセロナではおそらくあの形式の展覧会は難しいでしょう。
作品が簡単に盗まれるからです。
小さな作品は、出口の近くに展示しないでくれ、持って行かれるから、とバルセロナでの展覧会で言われたことがあります。額装していてもです。
入場を誘導するための案内に、試し刷りの版画を使ったらその部分だけ盗まれたということもあります。ジュエリーをショーケースに入れずに展示するなんてもってのほかです。


ところで、
以前、マドリッドのレイナソフィアの中庭で出会った感激した風景。
e0098268_1602847.jpg


ミロの彫刻によじのぼって遊ぶ子供たち。大人も何も言わず、自由に遊ばせていました。
ミロも本望だと思います。
上りたくなるような何かをこの彫刻が持っているから、子供たちは近づくのだと思います。
こういう自発的な体験が、アートを身近にしていくのだと思います。
[PR]
# by barnaf | 2008-07-26 09:21 | スペインでのこと

HPアドレス変更


中島史子のHPアドレスが代わりました。

http://www2.gol.com/users/frank/Fumiko_Nakajima/

になります。

どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
# by barnaf | 2008-07-25 13:47 | 日本のこと
暑中お見舞い申し上げます。

またまた御無沙汰してしまいました。書きかけのものも非公開のまま残っていたりして。
続けようとしてはいるのですが。

そしてはっと気づきました。自分のことを書けばいいのに。

-------------------------------------------------------

スペイン、サラゴサでは、現在万博が開かれています。

そのサラゴサの街の、ギャラリーCiMで、
http://www.calvoimayayo.com/

私の展覧会、
「流れ III](版画とジュエリー)展

を7月10日から23日まで開催しています。

今回、残念ながら私は会場には行けませんでしたが、オープニングには大勢の方が集まってくださったいました。

e0098268_113448.jpg

お寿司の差し入れをしてくださった久美子さん。感謝感激です。

e0098268_11464078.jpg

天井が高く、雰囲気のある空間に、面白い展示。
ジュエリーと版画を一緒にショーケースにならべるなんて、なかなか楽しい。

e0098268_1147579.jpg
e0098268_11472944.jpg


真剣に見てくださっているサラゴサの人たち。嬉しい限りです。

e0098268_1148271.jpg


私の版画作品は凹凸がある作品も多いので、ガラス越しでない展示はかえっていいかなと。
額装にこだわって発表しなかった作品も、今回自由に展示できてよかったと思っています。

残念ながらサラゴサには行けなかったけれど、画廊に全面的に任せたことで、逆にいろいろな発見があったように思います。

8月には東京でグループ展にも参加します。詳細はまた後日に。




それにしても東京、暑い!!!
[PR]
# by barnaf | 2008-07-17 07:17 | スペインでのこと